交通事故 接骨院

MENU

交通事故で後遺症を残さない為にやる5つの事

警察へ連絡〜事故処理はもちろんですが、事故後後遺症に悩む人が多いので、まずは整形外科へ行きレントゲンをとります。 その後、整形外科では痛みどめを出すくらいしかしてもらえないので、レントゲンではわからない筋肉や筋の問題を解決しに接骨院や鍼灸へ行くと良いとおもいます。
まず事故にあったらやる5つのこと

1、車を安全な場所に移動して、必要なら誘導したり、二次事故につなげないことを最優先!!

2、深呼吸をして、まずは冷静になれる努力をします。(慌てていると、必ず失敗します)

3、自分も含めけが人の確認し、救急車が必要なのか確認(手が空いてない時は、周りの人を指さして「あなた!119へ電話お願いします」という。)

4、その後で警察に電話し、到着までにます。(軽い事故だと思っても、後々何か起こる可能性もあるからです。)

5、.相手方の連絡先をきちんと聞くこと。それからその時に身体に痛みが無くても必ず病院へ行くこと。

まずやること5つです。


被害にあった時、外傷がない場合(血が出ていない時)はまず整形外科に行きます。
骨折していないかをレントゲンでしらべてもらって異常がなければ接骨院で治してもらいます。

整形外科のお医者さんは、骨の専門家。なので筋肉の異常はわからないものなんです。
痛いと言ったら痛みどめしか出してもらえないので、筋肉の痛みは筋肉の専門家の柔整師さんや鍼灸師さんにしか治せません。
専門分野が違うので、なんでもかんでもお医者さんが治してくれるわけではない事を知っておくと良いと思います。

骨折をしていないのに歩けるか歩けないかが変わってくるので、1度交通事故専門の接骨院に行ってみてもらっておくと安心ですよ。